作業者

意外に長持ちの寿命

倉庫

シャッターの寿命は意外に長く、点検修理することで15〜30年も持つと言われています。そこで日頃の点検修理が重要なのです。メーカーに依頼する方法と、専門業者への依頼があります。前者は確実で安心ですが、手数料などが発生し費用が高めになります。専門業者への直接依頼は、費用を抑えるメリットがあります。

業者へ依頼する際の費用

ガレージ

シャッターの修理や交換の際には、簡単なものなら自分でも修理可能です。しかし、古いものを新しいものと交換する際は業者へ依頼する必要があります。業者へ依頼してシャッターを取り付ける際にかかる費用は、取り付け費用だけでなく古いシャッターの撤去費用も掛かるので注意が必要です。

緊急時の対応がある業者を

シャッター

事前に探しておくのが大事

防犯のために、車庫にシャッターを取り付けている方は数多くいますが、電動式の機械なので、使い続けているうちに壊れる可能性があることを知っておきましょう。しかし、だいたいの製品に対応年数がありますので、そちらを調べておくと、交換時期を含めた色々なことを考えられます。長持ちさせるためには定期的なメンテナンスが良いのですが、それでも突然壊れる場合があるので、安く修理をしてくれる業者を前もって探しておきましょう。車庫のシャッターが壊れてしまうと、自動車を出せなくなってしまうため、仕事や日常生活に不便を強いられます。そのため、電話などで連絡をした場合に、緊急対応としてすぐに駆けつけてくれるところを探しておくと安心です。そして、シャッターを直す場合の費用は、インターネットで調べればいくつかでてきますが、そちらは最低価格だと考えておきましょう。そこから、様々な工賃がプラスされていって、最終的なシャッターを修理するための金額が決まります。もちろん、業者にお願いをすれば、見積もりを最初にだしてもらえますので、突然高い金額が請求されることはありません。なお、機械的な故障ではなく自動車をぶつけるなどして、大きな凹みなどの損傷ができた場合は、修理ではなく交換をしたほうが良い状況もあります。その判断も業者がしてくれますので、修理を頼むのなら技術力だけではなく、しっかりと相談に乗ってくれるところに頼むことが大事です。

料金を比較する

倉庫

シャッターの修理をする場合には、料金を比較してみましょう。最新式のものに交換した方がお得になることもあるからです。防犯のためにも、どんなものが効率的なのか、修理業者とよく相談してみることが重要と言えます。