作業者

意外に長持ちの寿命

倉庫

きちんと日頃から点検を

シャッターの故障は、日頃から気を付けることで事前に対処することが可能です。シャッターの寿命は意外に長く、15〜30年ほどの耐久性があると言われています。ただし定期的なメンテナンスをきちんと行うことが前提となります。そのため、日頃から音や使用に関して気を付けておくといいでしょう。シャッターから異音がしたり、引っ掛かりがある場合などは早めに点検をし、摩耗する部品を交換することで、修理費用を抑えることが可能になるのです。点検や修理を依頼する場合も、メーカーに直接依頼する場合と、専門業者へ依頼する場合があります。メーカーへの依頼は、最も確実で安心できる方法です。製造メーカーへ連絡をし、日程を決めて点検や修理を行います。このときに実際に点検修理に来る業者は、メーカーの技術者ではなく下請けの業者であることがほとんどです。メーカーと契約を交わしている業者なので、安心して任せることが出来ます。もう一方の、シャッター修理の専門業者へ直接依頼することは、修理費用を抑えることが出来るメリットがあります。専門業者といっても、ほとんどはメーカーと契約を交えている専門業者です。こうした業者に依頼をしても、メーカーとの修理内容に差はありません。最近では、シャッター修理を専門に行なっている業者の比較サイトがあります。また、そのようなサイトを利用すればいくつかの会社資料をまとめて請求することが出来るので利用してみてもよいでしょう。