作業者

料金を比較する

倉庫

最新にしよう

飲食店はもちろん、自宅の車庫にもシャッターを使う人が増えてきています。昔ながらのタイプでは手で上に引き上げるタイプが主流です。しかし、最近、使われているものはリモコンで電動式のものが多くなっています。どちらのタイプにしても、いずれ壊れてしまうこともあるものです。そんな時には専門の修理業者に依頼しましょう。依頼前に料金を比較することが大切です。シャッターの修理といっても、多少の費用はかかります。部品が壊れていて交換するだけでも、出張費などがかかるので数万円もすることがあります。場合によっては、最新式のものに取り替えてしまった方が安上がりになるかもしれません。昔ながらの手動式を利用していた人は、この機会に電動式に交換してみるのもお勧めです。また、シャッターを修理する上で重要なのは、安全性です。電動式にするにしても、何かを挟んでしまわないように周りには十分、気をつけましょう。危険を察知する機能が付いていると安心です。この点も修理業者に相談してみることをお勧めします。それから、防犯用としてシャッターを取り付けることがほとんどです。そう簡単に開けられないように工夫をしましょう。修理業者では頑丈なものを提案してくれることもあります。古いタイプを使っているところほど、最新式のものを提案してくれるので、よく相談してみることが大切です。古いものは何度も修理が必要になることもあります。その費用を考えれば、最新式にした方がお得なこともあります。